インタレストマッチ広告は邪魔だと思う - ネットショップ開業・経営の記録

インタレストマッチ広告は邪魔だと思う

ネットショップに限らず実店舗を運営している人、さらには広告のための広告を出している会社など、様々な業種の人がインタレストマッチ広告を利用するようになりました。

仕組みは複雑だろうと思いますが、PCなりスマートホンやタブレットPCなどでユーザーがブラウザにログインしてお店以外のサイトも見ていると、その情報が広告会社に渡り、そのユーザーが興味のある消費や情報を絞り込み、それに関連した広告がその人の使うブラウザで開いたサイトの片隅などに表示されるというものです。

これは例えばGoogle Chromeというブラウザを使っていれば、それはもうGoogleの手のひらの上で行動しているようなもので、個人は特定できないにしても趣味嗜好は筒抜けだといえるでしょう。

広告主や広告を出稿するお店や会社からすればさぞクリック率も上がるだろうと始まったサービスですが、やはり色々なサイトの脇に常に同じ広告が表示されているのはネット閲覧中のユーザーからすれば大きな面積を取られ、しまいには邪魔に見えてきたりもします。

今買おうと探している時に出てくれば、それはアタリかもしれませんが、全くジャンルの違う読み物を読んでいる横で動画の広告が出てくるのは邪魔もの以外何物でもありません。

さらにTwitterやFaceBookのタイムラインに無造作にコンテンツマッチの広告が入ってきたらこれは消したくなります。

これらは広告主主導型広告とでも言いましょうか、大事なお客さんになりうる人、ユーザーの心は全く読めていないことになります。その広告を見て思い出したようにその広告をクリックして買う人は非常に稀だと思われます。

一方、昔からあるAmazonの「ほしい物リスト」という機能はユーザーからすると大変ありがたい機能だと思います。Amazon以外のサイトも含めてリストに入れられる点では、まさに買い物したいときに価格や在庫状況を一括で表示してくれる大切なメモ書きでもあるわけです。

お金がない、買い物の気分じゃない、その時にはユーザーは広告は見なくて良いわけです。コンテンツマッチ広告はまだ発展途上だとはいえ、まずは顧客の買いたいか買いたくないかという気持ちを判断するアルゴリズムを組み入れて、それを元に広告を表示あるいは非表示できるようになる事が必要だろうと思います。

ユーザーの趣味嗜好、ニーズを気づかれぬ間に取得して広告の種類を絞る、そしてとにかく表示する、これは繰り返しですが広告主のエゴでありユーザーいじめに思えて仕方ありません。

情報は検索する時代から与えられる時代へと変革していますがまだまだ一方通行な時代なのだと感じています。