ネットショップ開業・経営の記録 - 広告宣伝アーカイブ

広告宣伝の最近のブログ記事

ブログの読者を増やしたい人へ

誰もブログを読んでくれない

ボクの友人からブログ読者が増えないと嘆きのメールをもらった。今の世の中世界にあふれる99%のブログはスパムと言われていて、読者を楽しませるブログはホントに少ない。それゆえ、固定された読者も獲得が難しい時代であることは確かである。メモ書き程度にボクのブログに対する考えをまとめてみたい。

ボクもブログはわけあって20近く持っている。ただ筆不精がそのまま引き継がれて1年に一度更新するようなブログもいくつかある。20もあって何を書いていると思う人がいて当然だが、テーマを絞って各々のブログを営んでいる。ちなみにボクのブログは読者を増やしたいとは思っていない。増えてくれれば嬉しいがコメントするのも意外と億劫でましてや書いたとおり毎日見て回るのも不可能に近いからである。

テーマが違うので読者もブログごとに全く異なる人で構成されている。たとえばネットショップの経営のブログの読者はネットショップを始めてみたい、上手く運営できない、そんな寺子屋的なものを求めて検索から来た人がほとんどであると考えている。

一方家で飼っているワンコのブログは同じ趣味や犬種を飼っている人が見に来てくれるだけである。

一言では言い表すのは難しいが、書いてある内容に共感して、次のブログエントリーも読みに来る、そんなループが出来上がっているのだと思う。たとえばお気に入りのブログがあれば、更新されたか気になって毎日見に行ってしまう。そんな読者がつくようにブログを書く側も努力は必要かもしれない。

有名人のブログが一日数千人が見に来ているというのも知られた話だが、これは有名人故すでにファンがいて、ファンは有名人の日常に興味があるから毎日見に来る、そのうえで子育てや日本中をロケで回っているなど、有名人も気づかないうちにテーマを絞り込んだ内容になってくると、毎日見に来る人の中にもコアな読者が発生しているものと思われる。

読者を増やす、という部分については有名人であればその時点でブログを開設しているとアナウンスすれば見に来る人は自ずと現れる。ところが普通の人たちはテーマを絞ってブログを始めてもなかなか読者は増えない。

当たり前と言えばそれまでだが、まずは人の目に留まる、一度読んでもらうことが先決である。そこでふるいにかかった読者が若干残る、そしてその読者を通じて同じテーマに共感している人がホントに微々たる数だが徐々に増えてくる。

読者をもっと増やすための工夫

この助けをしてくれる一つが、ブログ村やブログランキングと言われるテーマごとのブログを集めたサイトである。ここには同じテーマのブログ住人が集まっていてお互いのブログを読んで回り、コメントをつけたり情報を広めてくれるなど読者を増やす基本が構築されている。

このシステムは実はブログだけではなくカテゴリー検索やディレクトリー検索と言ったウェブサイト全体を探しやすくするためにできたもので検索エンジンよりも歴史は古い。つまり訪れたいと思ったテーマのサイトが最初から群をなしているわけである。今でこそ情報があふれ情報は探しに行くのではなく与えられる形に変遷してきているが、まだまだ大事な形ではないかと思っている。

今更な感じではあるが、そういったブログ村、ブログランキングに登録することは無駄ではない。ランキング故ブログは来訪者の多い順に並んでしまうのだが、同じテーマのブログが並んでいると自ずとコンテンツに対する工夫もするし、競争意欲もわいてくる。トップを走るブログは興味が無くても読むと読み進んでしまう魔力さえ感じるつわもの的なものが非常に多い。ブログ発の書籍のほとんどもこういったランキングサイトがベースになっていることが多い。

現在の無料ブログでは記事を公開すると同時にpingという形で更新したこととその内容を色々なブログまとめのサイトに送信されるのがデフォルトになっている。これのおかげでブログ更新後、僅か数分で検索結果にも出てくることもある。送信先は一つではなく非常に多くあるので、一度調べてみると良い。

また最近の殆どのブログにはTwitterやFacebook、はてなブログ等々のボタンがついている。これもping同様、ブログを広めてくれる便利なツールである。自分で押すのも構わないので、記事更新後、自分でポチることも習慣にするとよい。もちろん、それぞれのアカウントを持っている必要があるが。

またテーマ、つまりコンテンツということを考えてしまうが、読者の多いブログは見た目の体裁も良く、平易な言葉が使われていて、読者は流れを遮られることなく読み進むことができる。また色使いや文字の大小なども極めて上手に使い分けている。

ということがブログで読者を増やすきっかけになればと思う。一方、ボクのブログは今はランキングにはほとんど参加していない。ではどこから読者が来るかと言うと検索エンジンからである。一応WEBデザインをする傍らSEOつまり検索エンジン最適化の知識も若干ではあるが持ち合わせているので、キーワードでボクのブログを検索するとヒットしやすいようにしている。もちろん個々のブログのコンテンツがいくら優れていて、テーマにそっていても検索で上位表示されるにはもっと大切なことが山ほどある。読者が増えると検索で上位に表示されやすくなる、ということだけは付け加えておく。

支離滅裂な内容になってしまったが、ブログで読者を増やすことは一筋縄ではいかないが、まずはテーマを絞ること、これに尽きる。読みたい人はどんな内容であれ、その内容を欲しいと思って読んでいる。共感できず、楽しくなければ次に読みに来ることはまず無いからである。それに気づいたら即方向修正、というのも大切で、ボクのブログもアーカイブをたどると右往左往しているのがよくわかる。もちろん自分が書きたいことしか書いていないから、興味のない人は寄りつくこともない。でも、ブログの立ち位置とはその程度と考えておくことが無難でもある。義務で書き始めると、とたんに面白くなくなってしまうからである。

ついでにもう一つ、ブログのコンテンツが文字だけだと読者は離れやすい。このブログも然りである。多くの写真とともにきれいな文章で作られたブログはそうではないブログの数倍の読者を取り込むことが出来る。

ブログを書いていますか?

ブログというと日々の日記や時事ネタ芸能ネタをもとにしたタイプが頭に浮かぶと思いますが、中にはペットの日々を綴ったり趣味の成果を書き留めたりするタイプもあります。

上記のようなコンテンツをミックスしてカテゴリで分けて書いている人も大勢います。またマイクロブログと言われることもありますがTwitterもブログの一つと考えても良いでしょう。

上記の内容はあくまでも自分が書きたいブログについてですが、TwitterやFacebookなどのSNSでは企業やオンラインショップが公式アカウントとして書きこんでいるのも珍しくなくなりました。むしろ顧客との距離を縮めるのにはこういったSNSのほうが効果はありそうです。

その一方で企業やオンラインショップなどでは、販売や製品紹介のサイトとは別に企業の公式ブログや中には社長ブログなども存在し、SNSとは違った奥の深いコンテンツが書かれているものもあります。

こうした企業やショップのブログでは、書いている人自身の主観を書いたり、自社とはあまり関係のない社会問題を称賛・非難するなどは書かれていないのが特徴です。

では何を書いているかというと、会社が取り組んでいることを時系列で紹介したり、開発した技術がどこでどう生かされているか、取り扱っている商品やサービスの一つに焦点をあて深く掘り下げて紹介するなど、直接売り上げには貢献しないかもしれないコンテンツを公開することが多く見受けられます。

これらは前述の顧客との距離を縮めるもう一つの方法でもあり、どのような会社・店なのかを顧客が想像する・知ることのできる面があり、なおかつSNSのように即返信しないだけで反感を買う恐れも少なく運用面では楽かもしれません。

私自身もSNSとブログ双方を活用していますが、ブログではコメントの受付をせずSNSではほぼ全ての質問などに答えています。

1日1日が大忙しという人こそ、こうしたブログやSNSでの発信を継続的に続け、潜在顧客の発掘につなげることが長い目でみてもプラスに働くだろうと思います。

以上ブログとSNSについて簡単に書きましたが、ここもブログの一ページです。何かありましたらTwitterなどでご意見を頂戴できれば幸いです。ただこのサイトが自身の備忘録ですので、お答えできない時もありますことを予めご了承ください。

ネットショップに限らず実店舗を運営している人、さらには広告のための広告を出している会社など、様々な業種の人がインタレストマッチ広告を利用するようになりました。

仕組みは複雑だろうと思いますが、PCなりスマートホンやタブレットPCなどでユーザーがブラウザにログインしてお店以外のサイトも見ていると、その情報が広告会社に渡り、そのユーザーが興味のある消費や情報を絞り込み、それに関連した広告がその人の使うブラウザで開いたサイトの片隅などに表示されるというものです。

これは例えばGoogle Chromeというブラウザを使っていれば、それはもうGoogleの手のひらの上で行動しているようなもので、個人は特定できないにしても趣味嗜好は筒抜けだといえるでしょう。

広告主や広告を出稿するお店や会社からすればさぞクリック率も上がるだろうと始まったサービスですが、やはり色々なサイトの脇に常に同じ広告が表示されているのはネット閲覧中のユーザーからすれば大きな面積を取られ、しまいには邪魔に見えてきたりもします。

今買おうと探している時に出てくれば、それはアタリかもしれませんが、全くジャンルの違う読み物を読んでいる横で動画の広告が出てくるのは邪魔もの以外何物でもありません。

さらにTwitterやFaceBookのタイムラインに無造作にコンテンツマッチの広告が入ってきたらこれは消したくなります。

これらは広告主主導型広告とでも言いましょうか、大事なお客さんになりうる人、ユーザーの心は全く読めていないことになります。その広告を見て思い出したようにその広告をクリックして買う人は非常に稀だと思われます。

一方、昔からあるAmazonの「ほしい物リスト」という機能はユーザーからすると大変ありがたい機能だと思います。Amazon以外のサイトも含めてリストに入れられる点では、まさに買い物したいときに価格や在庫状況を一括で表示してくれる大切なメモ書きでもあるわけです。

お金がない、買い物の気分じゃない、その時にはユーザーは広告は見なくて良いわけです。コンテンツマッチ広告はまだ発展途上だとはいえ、まずは顧客の買いたいか買いたくないかという気持ちを判断するアルゴリズムを組み入れて、それを元に広告を表示あるいは非表示できるようになる事が必要だろうと思います。

ユーザーの趣味嗜好、ニーズを気づかれぬ間に取得して広告の種類を絞る、そしてとにかく表示する、これは繰り返しですが広告主のエゴでありユーザーいじめに思えて仕方ありません。

情報は検索する時代から与えられる時代へと変革していますがまだまだ一方通行な時代なのだと感じています。

どこのネットショップも今は連日のようにSEO会社から電話がきているようですが、私のところも同じです。開店して間もないころはオーバーチュア、アドワーズの広告を出して、少しでも来店者数を増やそうと努力したことがありました。

しかし広告費に対しての売り上げがあまりに悪い状況でしたので、別な方法は...と悩んだのですがショップで扱う商品の種類やブランド名+販売or通販というキーワードで徐々に検索順位が上がると自然と来店者数も増えてきました。

これはただ待って順位が上がったのではないのですが、検索で上位表示するだけで来店者数の増加とともに売り上げが増える、非常に単純なことに気付いたわけです。

ならばと広告費をゼロにして検索上位だけに特化しようと色々な施策を始めたのが2年ほど前です。その後利用していただいたお客様がブログで紹介してくださるなど、さらに被リンクが増えたことで検索結果でも上位に入るようになりました。

ところがブログなどからリンクをしてもらっても、紹介してくれた人のブログの更新頻度が高いと、ブログトップページからは短期間で消えてしまい、折角リンクしてもらえたことによる効果も短期間で半減してしまいます。ブログのサイドからリンクしてもらえればまた異なった効果がありますが、いずれにしても自分ではコントロールできない部分です。

そこで今私のショップが行っていることは自ら価値のあるホームページを作り、そこからリンクを張る、というサテライトサイトの確立です。このサイトも同様です。自作自演などと言われることもあるようですが、ショップでは書けないこと、あるいは自分の趣味のサイトなどいくらでもポータルなサイトはやる気と知識があれば作れるわけです。

人が興味を持って見てくれるサイトを作る、これが複数できれば被リンクを自らコントロールするかのようなスタイルが構築できるのです。

今、ショップは1日当たりPV(ページビュー)が約6000~10000、UU(ユニークユーザ)が1200~1500ほどですが、広告は一切出さず検索の上位表示だけでこの数字を保っています。メールマガジンを出すと、その日はおよそ上記の2倍にもなります。

今でこそこのような数字になりましたが、PPCをだしていたころはPVは300、UUは50...こんな状態でした。売れること自体が奇跡のようなものでした。メールマガジンも出しても数十通でした。

もちろん自ら作ったサテライトサイトだけではなく、お客様のブログやあるSNSの知人友人のサイトからのリンクも大きな力となって、今は上位表示されています。SEO業者の電話は半数が被リンクを増やすというリンクの販売ですが費用対効果を考えないとかなり割高な業者がほとんどになってしまいます。またアンカーテキストなども簡単には変えられません。

こういったことを考えるとSEOの知識を自ら身につけて、自身で対策をとることが最も確実だと考えています。

何を書きたかったかと言うと、SEO業者からの電話は勘弁してほしい...ということです。ショップの仕事の時間を割くことがもったいないのです。と書いても連日電話はかかってくるんでしょうけども...。自らSEOをできる人間になりたい、そう思っている人はぜひ「43P」という言葉で検索してみてください。勉強材料費は少しかかりますが...。