ネットショップ開業・経営の記録 - ブログアーカイブ

ブログの最近のブログ記事

ブログの読者を増やしたい人へ

誰もブログを読んでくれない

ボクの友人からブログ読者が増えないと嘆きのメールをもらった。今の世の中世界にあふれる99%のブログはスパムと言われていて、読者を楽しませるブログはホントに少ない。それゆえ、固定された読者も獲得が難しい時代であることは確かである。メモ書き程度にボクのブログに対する考えをまとめてみたい。

ボクもブログはわけあって20近く持っている。ただ筆不精がそのまま引き継がれて1年に一度更新するようなブログもいくつかある。20もあって何を書いていると思う人がいて当然だが、テーマを絞って各々のブログを営んでいる。ちなみにボクのブログは読者を増やしたいとは思っていない。増えてくれれば嬉しいがコメントするのも意外と億劫でましてや書いたとおり毎日見て回るのも不可能に近いからである。

テーマが違うので読者もブログごとに全く異なる人で構成されている。たとえばネットショップの経営のブログの読者はネットショップを始めてみたい、上手く運営できない、そんな寺子屋的なものを求めて検索から来た人がほとんどであると考えている。

一方家で飼っているワンコのブログは同じ趣味や犬種を飼っている人が見に来てくれるだけである。

一言では言い表すのは難しいが、書いてある内容に共感して、次のブログエントリーも読みに来る、そんなループが出来上がっているのだと思う。たとえばお気に入りのブログがあれば、更新されたか気になって毎日見に行ってしまう。そんな読者がつくようにブログを書く側も努力は必要かもしれない。

有名人のブログが一日数千人が見に来ているというのも知られた話だが、これは有名人故すでにファンがいて、ファンは有名人の日常に興味があるから毎日見に来る、そのうえで子育てや日本中をロケで回っているなど、有名人も気づかないうちにテーマを絞り込んだ内容になってくると、毎日見に来る人の中にもコアな読者が発生しているものと思われる。

読者を増やす、という部分については有名人であればその時点でブログを開設しているとアナウンスすれば見に来る人は自ずと現れる。ところが普通の人たちはテーマを絞ってブログを始めてもなかなか読者は増えない。

当たり前と言えばそれまでだが、まずは人の目に留まる、一度読んでもらうことが先決である。そこでふるいにかかった読者が若干残る、そしてその読者を通じて同じテーマに共感している人がホントに微々たる数だが徐々に増えてくる。

読者をもっと増やすための工夫

この助けをしてくれる一つが、ブログ村やブログランキングと言われるテーマごとのブログを集めたサイトである。ここには同じテーマのブログ住人が集まっていてお互いのブログを読んで回り、コメントをつけたり情報を広めてくれるなど読者を増やす基本が構築されている。

このシステムは実はブログだけではなくカテゴリー検索やディレクトリー検索と言ったウェブサイト全体を探しやすくするためにできたもので検索エンジンよりも歴史は古い。つまり訪れたいと思ったテーマのサイトが最初から群をなしているわけである。今でこそ情報があふれ情報は探しに行くのではなく与えられる形に変遷してきているが、まだまだ大事な形ではないかと思っている。

今更な感じではあるが、そういったブログ村、ブログランキングに登録することは無駄ではない。ランキング故ブログは来訪者の多い順に並んでしまうのだが、同じテーマのブログが並んでいると自ずとコンテンツに対する工夫もするし、競争意欲もわいてくる。トップを走るブログは興味が無くても読むと読み進んでしまう魔力さえ感じるつわもの的なものが非常に多い。ブログ発の書籍のほとんどもこういったランキングサイトがベースになっていることが多い。

現在の無料ブログでは記事を公開すると同時にpingという形で更新したこととその内容を色々なブログまとめのサイトに送信されるのがデフォルトになっている。これのおかげでブログ更新後、僅か数分で検索結果にも出てくることもある。送信先は一つではなく非常に多くあるので、一度調べてみると良い。

また最近の殆どのブログにはTwitterやFacebook、はてなブログ等々のボタンがついている。これもping同様、ブログを広めてくれる便利なツールである。自分で押すのも構わないので、記事更新後、自分でポチることも習慣にするとよい。もちろん、それぞれのアカウントを持っている必要があるが。

またテーマ、つまりコンテンツということを考えてしまうが、読者の多いブログは見た目の体裁も良く、平易な言葉が使われていて、読者は流れを遮られることなく読み進むことができる。また色使いや文字の大小なども極めて上手に使い分けている。

ということがブログで読者を増やすきっかけになればと思う。一方、ボクのブログは今はランキングにはほとんど参加していない。ではどこから読者が来るかと言うと検索エンジンからである。一応WEBデザインをする傍らSEOつまり検索エンジン最適化の知識も若干ではあるが持ち合わせているので、キーワードでボクのブログを検索するとヒットしやすいようにしている。もちろん個々のブログのコンテンツがいくら優れていて、テーマにそっていても検索で上位表示されるにはもっと大切なことが山ほどある。読者が増えると検索で上位に表示されやすくなる、ということだけは付け加えておく。

支離滅裂な内容になってしまったが、ブログで読者を増やすことは一筋縄ではいかないが、まずはテーマを絞ること、これに尽きる。読みたい人はどんな内容であれ、その内容を欲しいと思って読んでいる。共感できず、楽しくなければ次に読みに来ることはまず無いからである。それに気づいたら即方向修正、というのも大切で、ボクのブログもアーカイブをたどると右往左往しているのがよくわかる。もちろん自分が書きたいことしか書いていないから、興味のない人は寄りつくこともない。でも、ブログの立ち位置とはその程度と考えておくことが無難でもある。義務で書き始めると、とたんに面白くなくなってしまうからである。

ついでにもう一つ、ブログのコンテンツが文字だけだと読者は離れやすい。このブログも然りである。多くの写真とともにきれいな文章で作られたブログはそうではないブログの数倍の読者を取り込むことが出来る。

ブログを書いていますか?

ブログというと日々の日記や時事ネタ芸能ネタをもとにしたタイプが頭に浮かぶと思いますが、中にはペットの日々を綴ったり趣味の成果を書き留めたりするタイプもあります。

上記のようなコンテンツをミックスしてカテゴリで分けて書いている人も大勢います。またマイクロブログと言われることもありますがTwitterもブログの一つと考えても良いでしょう。

上記の内容はあくまでも自分が書きたいブログについてですが、TwitterやFacebookなどのSNSでは企業やオンラインショップが公式アカウントとして書きこんでいるのも珍しくなくなりました。むしろ顧客との距離を縮めるのにはこういったSNSのほうが効果はありそうです。

その一方で企業やオンラインショップなどでは、販売や製品紹介のサイトとは別に企業の公式ブログや中には社長ブログなども存在し、SNSとは違った奥の深いコンテンツが書かれているものもあります。

こうした企業やショップのブログでは、書いている人自身の主観を書いたり、自社とはあまり関係のない社会問題を称賛・非難するなどは書かれていないのが特徴です。

では何を書いているかというと、会社が取り組んでいることを時系列で紹介したり、開発した技術がどこでどう生かされているか、取り扱っている商品やサービスの一つに焦点をあて深く掘り下げて紹介するなど、直接売り上げには貢献しないかもしれないコンテンツを公開することが多く見受けられます。

これらは前述の顧客との距離を縮めるもう一つの方法でもあり、どのような会社・店なのかを顧客が想像する・知ることのできる面があり、なおかつSNSのように即返信しないだけで反感を買う恐れも少なく運用面では楽かもしれません。

私自身もSNSとブログ双方を活用していますが、ブログではコメントの受付をせずSNSではほぼ全ての質問などに答えています。

1日1日が大忙しという人こそ、こうしたブログやSNSでの発信を継続的に続け、潜在顧客の発掘につなげることが長い目でみてもプラスに働くだろうと思います。

以上ブログとSNSについて簡単に書きましたが、ここもブログの一ページです。何かありましたらTwitterなどでご意見を頂戴できれば幸いです。ただこのサイトが自身の備忘録ですので、お答えできない時もありますことを予めご了承ください。